【野良猫の保護】保護場所・一時預かりボランティアの探し方

保護した猫を、自宅で保護できない場合(ペット不可など)は「一時預かりボランティア」を探します。

探し方や注意点を詳しく解説します。



一時預かりさんを探すのは最終手段


先住ペットがいる・・
家族に反対された・・
猫アレルギーの家族がいる・・

これらの理由から自宅では保護できないと思い込んでいる方は多いですが、一時預かりさんの多くも同じような環境の中、猫を助けたい一心で、クローゼットを改装したり、廊下を活用するなど工夫をされています。

まずは保護主さんの自宅で、保護する方法を模索し、何度でも家族と話し合ってみてください。

一時預かりさんにお願いすることで、大変になる点も多いです。

✔ 環境の変化や移動で、猫にストレス
✔ 時間・費用面で一時預かりさんの負担が大きい
✔ やりとりが煩雑
✔ 人慣れがなかなか進まなくても強要できない
✔ 猫の性格や特徴の把握がしづらい
✔ 譲渡会送迎・お見合いの立ち会い・猫の搬送
✔ 里親募集に時間がかかることも


猫を隔離できるスペース(ケージなどでも)を用意し、短期決戦で里親募集を頑張るのがラクです。

一時預かりボランティアの探し方

自宅での保護がどうしても難しい場合は、 里親さんが見つかるまでのあいだ代わりにお世話をしてくれる「一時預かりボランティア」を探します。

移動による猫の負担に配慮し、近隣エリアで探します。

✔ 知人や親戚
✔ ご近所さん(町内会・回覧板・掲示板など)
✔ チラシ掲示(動物病院やリアル店舗へ200-300部)
✔ 里親募集サイトの「ボランティア募集」
✔ SNSで呼びかけ
✔ 保護団体へ問い合わせ

保護団体はどこも手一杯に保護猫を抱えていますが、タイミングが合えば相談に応じてくれることも。丸投げの依頼は避け、ご自身でできることもお伝えするようにしましょう。

保護団体は、里親募集サイトなどで近隣エリアで検索すると見つかりやすいです。

一時預かりさんを探す際の注意点

保護してから探す

猫を保護し医療ケアを済ませてから一時預かりさんを探します。

一時預かりさんが受け入れを判断するための情報(性格・推定年齢・医療ケアや感染症の有無・人慣れ度など)は、「保護して医療ケア」をしなければ分からないからです。

保護から一時預かりさんが見つかるまでは、自宅で保護するか、近隣の方にお願いするか、動物病院に入院などで対応します。

預かり期間

猫は環境の変化に弱いため、里親さんが見つかるまで預かっていただける方を極力探すようにします。

おおよその目安
1才未満:数ヶ月
1才以上:1年以上かかることも多い

年令が上がるほど時間はかかり、人慣れしていない・健康上のハンディあり・2匹一緒、などの条件が加わると数年かかることも。

やむを得ず途中で預かり先を変える場合は、保護主さんが責任をもって新しい一時預かりさんを探します。

室内の確認、役割や負担を決める

猫を預ける前に、必ず室内の様子確認し、脱走防止対策などをお願いします。

また、預かり期間中の役割や負担も予め決めておきましょう。

一般的なケースです↓

一時預かりさん宅に猫のお届け

一時預かりさん宅に猫をお届けする際は、今後のトラブルを避けるためにも、以下は対応しておきます。

✔ 身分証(コピー)と名刺を交換
✔ 室内に危険がないか確認
✔ 預かり誓約書を交わす
✔ LINE交換

不安に感じたら断る

面識のない方に猫を預ける場合は、事前に何度もやりとりを重ね、少しでも不安な点があればお断りする勇気も必要です。

SNSから普段の生活や人柄を知ることもできるので、やりとりの時点で教えてもらえるよう確認しましょう。

以下のステップを省かないことや、面倒臭がらずに対応していただける方にお願いするようにします。

✔メールでのやりとり
✔ビデオ電話
 ・室内の様子
 ・ご家族全員と顔合わせ
 ・脱走防止対策
✔猫のお届け
 ・身分証(コピー)名刺交換
 ・預かり誓約書

里親詐欺(虐待目的)は里親募集サイトや譲渡会などに紛れ込み、善人や家族を装っています。保護活動のエキスパートでも見抜けないことがあると聞きますので、一人では判断せずご家族や保護仲間と相談しながらすすめていきましょう。

一時預かり中のやりとり

一時預かり期間中は、LINEチャットなどでマメにやりとりをし、一時預かりさんが不安にならないようコミュニケーションをとっていきます。

・猫の様子を確認
・里親募集用の画像や動画依頼
・里親募集の状況
・フードなど足りているか

最後に

現在、一時預かりをしたい人と、保護場所を探している人が繋がれるアプリを開発中です。

アプリのリリース・エリア拡大・セミナーなどの最新情報を公式LINEにてお知らせします。
ご希望の方はお友達登録を!

友だち追加

野良猫の保護は、やり方さえ分かれば誰にでもできます。

野良猫の保護は6つのステップありますが、飼い猫にするのであれば①②④、里親を探すのであれば⑤⑥が加わり、自宅で保護できない場合は③が加わります。

捕獲
② 医療ケア
③ 保護場所を確保
④ 日々のお世話(家猫化訓練)
⑤ 里親募集
⑥ 譲渡

解説したのは、保護猫シェルター&プラットフォーム運営8年「猫を幸せにするアドバイザー」として、譲渡猫200匹・2,000以上の猫トラブルを改善してきた”えん(Instagram)“です。


【猫のトラブル・お悩みSOS「オンラインアドバイス」】
◆触れない猫・引きこもり猫の人馴れ
◆先住猫と新入りの会わせ方
◆多頭飼育のトラブル
◆野良猫の保護を踏み切れない(どちらが幸せなのか)
◆猫さんの捕まえ方(通院・爪切り)