シェルターを持たない保護猫レスキュー「AHAHA」では、助けが必要な野良猫の、保護から譲渡までをサポートしています。

誰もが自力で助けられるハウツー発信
一時預かりボランティアさん募集
保護場所がない猫に一時預かりボランティアさん紹介
● 譲渡までをサポート(LINEグループ、物資の送付)
猫のトラブル・お悩み個別相談(有料)

また、保護猫のために何かしたいと思っている方の力をお借りして、みんなで猫助けできる仕組みを整えています。

AHAHAファンクラブ(月ワンコインから応援)
企業・ショップさん向けスポンサー(宣伝・経費削減できる支援)
● 猫へのご寄付


活動報告

支援物資やご寄付の応援も増えて参りましたので、個人活動の範囲ではありますが活動報告を開示していきたいと思います。

◆2020年

20頭の猫を保護し、19頭新しい家族の元へ譲渡しました。
(ネグレクトを受けていた「まるくん」は、残念ながら保護して5日後に天国へ渡りました。)
年間100件ほど入る猫のご相談では、ご自身で猫を助けられるようアドバイスさせていただいています。

収入譲渡費240,000
ご寄付40,000
チャリティーワークショップ115,236
Youtube収益46,762
合計441,998
支出医療費-120,878
消耗品-92,155
寄付-50,000
合計-263,033
翌年へ繰越178,965

譲渡費:1頭一律3万円としております(一律とさせていただいているのは、病気や怪我の子が譲渡されにくくなることを避けるためです)。譲渡費は保護主さんにお渡しするケース、AHAHAでお預かりするケース、などご相談内容や保護主さんの経済状況に合わせて異なります。

ご寄付:AHAHAのイラストを書かれているホリさん、友人の弥生さんより、ご寄付をいただきました。ありがとうございます!

チャリティーワークショップ:AHAHA企画で8月から毎月開催しました。講師を努めていただいた皆さまありがとうございます!(内、31000円をネコリパさんへ翌年寄付いたしました。)

YouTube収益:まるくんの動画をたくさんの方に見ていただき収益化が達成しましたので、まるくんと一緒に5年間ネグレクトを受けていた猫の「にこくん」の医療費として、初月の収益を寄付しました。

医療費:保護時の医療ケアは可能な範囲で保護主さんにお願いしておりますので、保護期間中の医療費となります。

消耗品費:保護期間中に必要なフードや諸経費です。ご支援物資も日々送っていただき助かっています。ありがとうございます!

寄付:YouTubeの収益から「にこくん」の医療費として寄付しました。

◆2021年

24頭の猫を保護し、うち20頭を譲渡しました。
年間100件ほど入る猫のご相談では、ご自身で猫を助けられるようアドバイスさせていただいています。

前年からの繰越 178,965
収入譲渡費175,000
ご寄付30,000
合計205,000
支出医療費-154,900
消耗品-40,007
ワークショップのチャリティー分寄付-31,000
合計-225,907
翌年へ繰越158,058

ご寄付: 以前から活動を応援してくださっている武居さんよりご寄付をいただきました。ありがとうございます!

※その他の項目の詳細については、2020年と同じです。

◆ 2022 年

23頭の猫を保護し、うち11頭を譲渡しました。
年間100件ほど入る猫のご相談では、ご自身で猫を助けられるようアドバイスさせていただいています。

前年からの繰越 158,058
収入譲渡費30,000
ご寄付283,131
合計313,131
支出医療費-222,840
消耗品-144,707
合計-367,547
翌年へ繰越103,642

ご寄付:以下の皆様よりご寄付をいただきました。ありがとうございます。
株式会社 ラ キャルプ さま
高橋一聡さま
株式会社 白雪 さま
株式会社 AMRITARA さま
株式会社 ウカ さま

※その他の項目の詳細については、2020年と同じです。