助けが必要な野良猫に出会ってしまった時に、その猫を助けてあげられるのはきっとあなたしかいません。

あなたが自力でその猫を助けてあげられるよう、捕獲の仕方や必要な医療ケア、保護場所の探し方や猫のお世話、里親募集・譲渡の仕方までをまとめました。


殆どの方が、猫の保護なんて経験したことがないと思います。

はじめての方でもこのページを参考にしながら無事に保護できるよう、できるだけ丁寧にいろんなシーンを想定して書きました。

順をおって一つずつ対応していけば、きっとあなたにも、猫を助けてあげることができます。

また、いつ助けが必要な野良猫に遭遇するかは分かりませんので、「自分には関係ないわ」とは思わずに、ぜひお時間あるときにでも読んでみてください。



1.捕獲について

◆保健所・行政に相談してみる

保健所は、野良猫の捕獲には来てくれません。

負傷猫の場合は、捕獲・処置・収容してくれること多いですが、「〇〇動物愛護センター」という名称がついていてもいわゆる保健所ですので命の期限があり殺処分されてしまう可能性もあります。問い合わせの際には、その辺も必ず確認してみてください。

野良猫の相談は、そのエリアにある行政の環境課などが応じてくれます。捕獲のやり方や、地域で保護活動をされている方を教えてくれるケースもあります。不妊手術の助成金が出るかなども合わせて確認してみると良いでしょう。

◆保護団体に相談してみる

保護団体は、収容頭数の限界まで保護しているケースが多く、寄付やボランティアで運営されています。

このため、捕獲に来てくれたり、収容場所に空きがあることは稀です。

相談してみる際は、捕獲・保護・里親募集・医療費など全てを丸投げにせず、 ご自分ができることと助けが必要なことを明確にしてからお話すると、強力を得やすいです。



東京世田谷区にTNR代行サービスがあります。
世田谷区の近隣エリアでしたら来てくれ、リリースしない保護の依頼にも応じてくれたことがありますので、お近くの方は「ねこ係」さんに相談してみたください。

◆ご自分で捕獲する


ご自分で捕獲する場合には、いきなり捕獲を決行するのではなく、猫の状態や行動範囲を観察したり、家猫や餌やりさんがいる可能性もあるので情報収集をしたり、事前準備が必要です。

それらの情報を元に、捕獲の方法や場所を選定します。

詳しくは、別ページにて徹底解説していますので、合わせてお読みください。

2.医療ケアについて

無事に捕獲ができたら、動物病院で医療ケアをしてもらいます。

・駆虫
・検便
・ウィルス検査(猫エイズ・白血病)
・ワクチン
・不妊手術(済んでない場合)
※血液検査までできるとより安心です。


医療ケアについては、こちらの記事で徹底解説しています。

3.保護場所の確保

ご自身で猫を飼うことができない場合、猫に里親さんを探してあげます。

里親さんが見つかるまでは、自宅で猫を保護してあげられるとベストですが、どうしても自宅で保護できない場合は、里親さんが見つかるまでのあいだ代わりに自宅でお世話をしてくださる一時預かりボランティアさんを探します。

一時預かりボランティアさんが見つかるまでは、自宅のケージ内で猫をお世話するか、難しい場合は預かってもらえる動物病院やペットホテルを探します。

一時預かりボランティア の探し方については、こちらに詳しく記載しています。

4.日々の猫のお世話

環境の変化が苦手な猫にとって、野良猫の暮らしから室内生活への急激な変化はストレス負荷が高く、慣れるまでには時間を要します。

新しい環境・人・家猫としての生活に慣れてもらうためには、数ヶ月かけて段階的なステップを踏みながら、根気よく猫と向き合っていく必要があります。

思いもよらぬトラブルも多い時期ですので、事前に起こりそうなトラブルを把握し物理的な対策と心構えをしておきましょう。

「野良猫が人に慣れ、室内生活に慣れるまでのハウツー」 については、こちらに詳しく記載しています。

子猫の場合

生後間もない子猫を保護した場合、離乳する生後1カ月くらいまでは数時間おきのミルクが必要になります。

母猫も一緒に保護した場合には、安心して子育てができるよう1段タイプのケージやサークルなどを静かな部屋に用意し、授乳などの基本的なことは母猫にお任せしてしまって大丈夫。

可愛いからつい子猫にかまってしまいたくなりますが、人間の匂いがついてしまうことで育児放棄をしてしまう母猫もいますし、母猫も育児で気を張っているので余計なストレスをかけないよう極力そっとしておいてあげます。

ただ、仔猫は体調の変化が激しいですので、体重測定は毎日行います。

毎日10g前後増えますので、ミルクの飲みが悪かったり体重が増えない場合には、すぐに病院へ連れて行きましょう。

母猫がいない場合は、数時間おきのミルクと排泄、温度管理などきめ細やかなケアが必要になりますので、動物病院で適切なケアの指導を仰ぎます。

5.里親募集について

猫の平均寿命は15才と長くなり、医療の発達や完全室内飼育の徹底により、今後益々寿命は長くなっていきます。

15年後や20年後は、飼い主にも様々なライフスタイルの変化があると思いますが、いかなる時も家族の一員として大切にしてくれる方のところへ譲渡したいものです。

すぐに里親さんが見つかる事もあれば、数か月から数年となかなか里親さんが見つからないケースもありますが、焦らず、猫にとって最高なご家族とのご縁を大切にしていきましょう。

「里親さんの探し方」 については、こちらに詳しく記載しています。

5.譲渡について

里親希望の応募が来てから譲渡までのステップも、慎重に進めていきます。

猫は、自分の家族になる人を自分で選べません。
完全室内飼育の猫にとって、室内環境と家族からの愛情が全てになります。

譲渡経験が少ない方は、自分ひとりで判断しないことも大切です。

譲渡までのステップは、 こちらに詳しく記載しています。

全てお読みいただいた上で、野良猫の保護でお困りのことがございましたらご相談ください。

メールにてアドバイスさせていただいています。
野良猫の捕獲・保護のご相談フォーム

有料にてオンライン相談に応じております。