野良猫の保護は、やり方さえ分かれば誰にでもできます。

タイミングによっては保護団体がサポートしてくれることもありますが、保護団体に頼る人が多いことで、崩壊寸前のシェルターが存在したり、保護団体が救えたはずの「命に期限がある保健所の猫」が犠牲になっています。

「助けてあげたい」を思ったあなたが、メインとなり助けてあげてください。

主に6つのステップありますが、飼い猫にするのであれば①②④、里親さんを探すのであれば⑤⑥が加わり、自宅で保護できない場合は③が加わります。

① 捕獲
② 医療ケア
③ 保護場所を確保
④ 日々のお世話(家猫化訓練)
⑤ 里親募集
⑥ 譲渡



① 捕獲

保護団体を頼らずに、野良猫を捕獲する方法やコツを詳しく解説しています。

② 医療ケア

野良猫を捕獲したら、速やかに動物病院で医療ケアを行います。気になる費用についても解説。

③ 保護場所の確保

保護した猫を飼うことができない場合は、新しい家族(里親さん)を探します。
家族が見つかるまで自宅でお世話できない場合は、お世話を代行する一時預かりボランティアさんを探します。

④ 日々のお世話(家猫化訓練)

保護した猫が、室内生活や人との暮らしに慣れるようお世話していきます。
一時預かりボランティアさんに猫をお願いする場合も、必ず読んでもらいましょう。

⑤ 里親募集

里親募集の方法や、譲渡ポリシーの作り方から里親詐欺対策まで詳しく解説。

⑥ 譲渡

里親申込がきたら、譲渡に向けてお話をすすめていきます。
気をつけるべき点や、トライアル・譲渡契約書についても詳しく解説。

一時預かりをしたい人と保護場所を探している人が繋がれる「みんなで猫だすけ」アプリを開発中です。

アプリのリリース・エリア拡大・保護活動者向けのセミナーなどの最新情報を公式LINEにてお知らせします。
ご希望の方はお友達登録を!

友だち追加