【猫のおやつ活用術】室内猫の幸せを増やす7つの秘訣/おやつは隠す/ノーズワーク

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは。猫の幸せアドバイザーのえんです。

今日は、多くの飼い主さんが見落としがちな、おやつの効果的な与え方についてお話しします。

皆さんは、猫におやつをどのように与えていますか?

手から直接与えているという方が多いのではないでしょうか。確かに、それも愛情表現の一つですが、実は、おやつの与え方を工夫することで、猫の幸せをさらに増やすことができるんです。

今回は、「おやつを隠す」という意外な方法を通じて、室内猫の生活をより豊かにする方法をご紹介します。


室内猫が抱える3つの課題

室内で飼われている猫は、安全で快適な環境で暮らしています。

しかし、その一方で本能を満たせないことによる課題も存在します。

ここでは、室内猫が直面する3つの主な問題について考えてみましょう。

狩りの本能が満たされない

猫は本来、狩猟本能を持つ動物です。野生の猫や外猫は、鳥やネズミ、虫などを捕まえることで、この本能を満たしています。

しかし、室内猫はこの機会を失っています。

興味深いのは、十分な食事を与えられている室内外猫でさえ、外に出ると狩りをする傾向があることです。

これは、狩りが単なる食欲を満たすためではなく、猫にとって生きがいであることを示しています。

刺激不足による退屈

室内環境は安全である一方、刺激に乏しいのが現状です。

外の世界を探索したり、縄張りを巡回したりする機会がないため、室内猫は退屈しがちです。

この退屈さは、ストレスの原因となり、様々な問題行動につながる可能性があります。

ストレスによる問題行動

刺激不足やストレスが原因で、家具を傷つけたり、粗相をしたりといった問題行動が起こることがあります。

多頭飼育の場合は、猫同士の不仲も大きな問題になりがちです。

これらの課題は、おやつの与え方を工夫することで、かなりの部分を解決できるのです。

おやつを隠す効果的な方法

これらの問題に対する意外な解決策が、「おやつを隠す」ことなのです。

単純に見えるこの方法には、実は深い意味があります。

おやつを隠すことで、以下のような効果が期待できます。

狩猟本能の満足

おやつを隠すことで、猫に「探す」「見つける」「獲得する」という一連の行動を促します。

これは、野生での狩りの過程を模倣しており、猫の本能的な欲求を満たすことができます。

精神的な刺激の提供

おやつを探す行為は、猫にとって新鮮な刺激となります。

環境に変化を与え、退屈を解消する効果があります。

また、この「ゲーム」は猫の知能を刺激し、精神的な充実感をもたらします。

ストレス発散と問題行動の予防

おやつ探しに集中することで、猫はストレスを発散できます。

これにより、多頭飼育環境での喧嘩や、家具を傷つけるなどの問題行動を予防・軽減する効果が期待できます。

おやつは隠せ!7つの効果的な方法

では、実際にどのようにおやつを隠せばよいのでしょうか。以下に、効果的な方法をいくつかご紹介します。

キャットタワーの上に置く

高い場所が大好きな猫。

キャットタワーやキャットウォークの上にそっとおやつを置いておくと、猫は自然と探索行動を始めます。

これは、狩りの疑似体験になります。

家具の隙間に隠す

テーブルの下や本棚の隙間など、家具のちょっとした隠れ場所におやつを置きましょう。

猫は探し回る楽しみを味わえます。

小瓶に入れて隠す

おやつを小瓶に入れて、その瓶ごと隠しておくのも良い方法です。

瓶から取り出す行為自体が、猫にとっては楽しい遊びになります。

知育トイを活用する

犬用のおもちゃとして知られる知育トイは猫にも使えます。

ボールタイプや、スライド式の蓋のもの、布をめくるタイプなど、様々な種類があります。

created by Rinker
¥4,810 (2024/07/15 10:51:27時点 楽天市場調べ-詳細)

手作りのパズルトイを作る

市販のおもちゃを買わなくても、空き箱やペットボトルを使って、簡単なパズルトイを作ることができます。

これなら、飼い主さんの創意工夫も楽しめますね。

投げて探させる

最も簡単な方法は、おやつを投げることです。

ただし、拾い食いに慣れていない猫もいるので、最初は目の前に落として、少しずつ距離を伸ばしていくのがコツです。

ドライフードで代用する

おやつだけでなく、通常の食事としてのドライフードを隠すのも効果的です。

一食分を家中に隠しておけば、猫は一日中探索を楽しめます。

おやつ活用のコツと注意点

おやつの活用は効果的ですが、いくつか注意点もあります。

ここでは、成功のためのコツと、気をつけるべきポイントをお伝えします。

適切なおやつを選ぶ

ジャーキーなどの細長いタイプや、粒状のドライタイプのおやつが適しています。

液状のものは避けましょう。また、カロリーの高すぎるものは与えすぎに注意が必要です。

created by Rinker
ママクック
¥2,055 (2024/07/15 10:51:28時点 Amazon調べ-詳細)

少しずつ慣れさせる

いきなり難しい隠し方をすると、猫が諦めてしまう可能性があります。

最初は簡単に見つけられる場所から始めて、徐々に難易度を上げていきましょう。

定期的に場所を変える

同じ場所に毎回隠していると、猫はすぐに飽きてしまいます。

定期的に隠す場所を変えることで、常に新鮮な刺激を与えることができます。

安全性に配慮する

おやつを隠す際は、猫が怪我をしない安全な場所を選びましょう。

また、腐敗の危険がある場合は、その日のうちに片付けることを忘れずに。

おやつの量に注意する

おやつはあくまでも補助的なものです。

主食であるキャットフードの摂取量が減らないよう、全体的な食事量のバランスには注意が必要です。

個体差を考慮する

全ての猫が同じように反応するわけではありません。

自分の猫の性格や好みを考慮しながら、最適な方法を見つけていきましょう。

継続は力なり

効果がすぐに現れないからといって、諦めないでください。

継続することで、徐々に猫の行動や心理状態が改善されていきます。

おやつで作る、幸せな猫ライフ

ここまで、おやつの効果的な与え方について詳しく見てきました。

単に手から与えるのではなく、「隠す」ということが重要なポイントです。

これにより、以下のような効果が期待できます。

1.猫の狩猟本能を満たす
2.退屈を解消し、適度な刺激を与える
3.ストレスを発散し、問題行動を予防する



猫が幸せに暮らせる環境づくりは、決して難しいことではありません。日々の小さな工夫の積み重ねが、大きな変化をもたらすのです。

ぜひ、今日からおやつの与え方を見直してみてください。きっと、あなたの猫との生活がより楽しく、より豊かなものになるはずです。

今回のブログ内容をショート動画で見たい方はこちら

最後に、おやつの与え方で悩んだり、他の猫の問題で困ったりしたときは、専門家に相談することをおすすめします。一人で抱え込まず、周りの力を借りながら、猫と楽しく暮らしていけることを願っています。

それでは、みなさんの猫ライフがますます幸せなものになりますように!

【猫のトラブル・お悩みSOS「オンラインアドバイス」】
関わってきた猫700頭以上の経験から、あなたの猫さんに合った方法をアドバイスいたします。
● 新しくお迎えした猫さんが、環境や人に慣れるまで
● 怖がり・凶暴・威嚇・夜鳴き猫さんとの向き合い方
● 家庭内野良・引きこもり・触れない猫さんの人馴れ
● 先住猫と新入り猫さんの、会わせ方・不仲問題
● 野良猫の保護から譲渡まで

【猫が猫らしく活き活き暮らせる「室内改善アドバイス」】
猫にとって「お家の中が世界のすべて」です。習性に合った刺激的で退屈しない環境づくりをご提案します。
● 猫さんが使うアイテムの適切な配置
● 安心と刺激が満たされる室内環境
● 猫さんに危険な箇所の対策
● 猫さんが喜ぶ遊び方やタイミング
● ワクワクするごはんやおやつの与え方