【ハンドクリームの成分に注意】猫が舐めても安全なごま油でハンドケア

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

乾燥が激しくなる冬はハンドクリームが必需品になりますが、選び方によってはペットに危険なことも・・・

特に猫は四六時中グルーミングをする生き物なので、 ハンドクリームを塗った手で猫をナデナデするとどうなるでしょう。

触られた箇所の匂いが気になり、間をあけずにグルーミングする猫も少なくありませんし、ハンドクリームを塗った手を直でベロベロと舐めてくることさえあります(^_^;)

ハンドクリームは食べても良い基準で作られていないため、特に体が小さな猫にとって、有害なものを体内にたくさん取り込んでしまうことに・・

ハンドクリームだけではなく、化粧水や乳液など手肌に塗るものはすべて気をつけておきたいですが、それらにはアルコール・保存料・香料・精油などの猫の体に良くない成分がほぼ間違いなく配合されています。

わが家では、 アーユルヴェーダの講座で教えてもらってからかれこれ10年近く、 ハンドクリーム代わりにごま油を使っています。

アーユルヴェーダでは、 炒っていない 純白の ごま油を使って「うがい洗い」や全身のケアを行うことをオススメされていてるのですが、「太白胡麻油」はほぼ無臭で使い心地も軽いので、肌ケアに大活躍。

ワンプッシュで適量が出る容器に入れ替えて使っています。



太白胡麻油は、近頃はどのスーパーでも見かけるようになりました。

クラシックなラベル瓶の「九鬼」よりも「マルホン」の方がごま油の香ばしい香りが一切しないので、肌ケアには使いやすいと思います。

created by Rinker
九鬼
¥1,109 (2024/05/29 13:43:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
マルホン
¥769 (2024/05/29 13:43:52時点 Amazon調べ-詳細)

食品なので成分的には安全とはいえ、酸化した油は猫の体にも良くないので、塗った直後に猫をベタベタ触ることは気をつけた方が良さそうですね。

【猫のトラブル・お悩みSOS「オンラインアドバイス」】
関わってきた猫700頭以上の経験から、あなたの猫さんに合った方法をアドバイスいたします。
● 新しくお迎えした猫さんが、環境や人に慣れるまで
● 怖がり・凶暴・威嚇・夜鳴き猫さんとの向き合い方
● 家庭内野良・引きこもり・触れない猫さんの人馴れ
● 先住猫と新入り猫さんの、会わせ方・不仲問題
● 野良猫の保護から譲渡まで

【猫が猫らしく活き活き暮らせる「室内改善アドバイス」】
猫にとって「お家の中が世界のすべて」です。習性に合った刺激的で退屈しない環境づくりをご提案します。
● 猫さんが使うアイテムの適切な配置
● 安心と刺激が満たされる室内環境
● 猫さんに危険な箇所の対策
● 猫さんが喜ぶ遊び方やタイミング
● ワクワクするごはんやおやつの与え方